My favorite♡

海外かぶれの旅&ライフスタイルブログ

ヘルシンキからの日帰りプチtrip〜フォトジェニックな街 エストニア タリン

 

 

ヘルシンキに行って1日時間に余裕があるなら、

隣国エストニアの首都、タリンへ行くのがオススメですっ!

 

 

旧市街は「タリン歴史地区」として、丸ごと世界遺産のとてもかわいい街♡

 

 

f:id:ayachin0704:20171026165339j:plain

 

 

ヨーロッパ好きにはたまりません!!!

 

 

どこを撮ってもフォトジェニック♡

 

 

フェリーでヘルシンキ→タリン

 

ヘルシンキからの行き方は、

フィンエアーも就航しているので飛行機ではほんの30分ほどで行けますが、

今回はフェリーでの行き方をご紹介します。

 

 

フェリーだと、その会社にもよりますが、所要時間はだいたい2時間前後です。

 

 

フェリー会社は、

①Tallink Silja

Viking Line

③Eckero Line

④Linda Line

の4社が就航しています。

 

 

当日でもチケットは買えますが、webで簡単に買うことができるので、

購入しておいたほうが安心です。

 

 

私が行った際(2017年2月)には、前日にwebから予約しましたが、

Tallink Silja利用往復で€50でした。

 

 

こちらのサイトだと、日本語ですし、

Linda Line以外の3社まとめて時間と料金確認できるので、便利だと思います↓

 

www.directferries.jp

 

 

それぞれヘルシンキからタリンへの出発ターミナルが異なるので、

予め予約した確認書をチェックして、間違えないようにご注意ください。

 

 

だいたい30分前に設定された時間に乗り込めないと、

乗船拒否されてしまいます。

 

 

ターミナル到着後に予約したチケットの発券もしなければいけませんので

1時間30分前にはターミナルに到着しておくようにしましょう!

 

 

隣国に行くので、パスポートも忘れずに☆

 

 

船はとーっても巨大な船で自由席になっていました。

 

 

窓際の席はすぐに埋まってしまいますので、早めに場所取りをオススメします。

 

 

船内にはバーや免税店、カフェなどいろいろな施設があります。

 

 

f:id:ayachin0704:20171026194007j:plain

 

到着前にアナウンスがかかるんですが、船内が広すぎて、降り口がわからず迷子に・・・

 

 

日本人の女の子のグループと、船内走り回りました。笑

 

 

タリン旧市街

 

 

タリンに到着し、無事に下船できたら旧市街へはだいたい徒歩10〜15分です。

 

 

滞在時間はタリン港到着から、出発までちょうど4時間空いていましたが、

旧市街を十分見て回ることができました。

 

 

坂道や歩きにくい道があるので、歩きやすい靴で◎

 

 

 

f:id:ayachin0704:20171026185751j:plain

 

 

私はこちらの↑パットクリ展望台からの景色がお気に入り♡

 

 

f:id:ayachin0704:20171026192403j:plain

 

 

ラエコヤ広場も素敵ですーーー♡

 

 

ラエコヤ広場に立つタリン旧市庁舎(写真右)は、北欧で唯一中世からそのままの姿を残す市庁舎です。

 

 

そしてもう一つ。

 

f:id:ayachin0704:20171026200841j:plain

 

 

職人の中庭にあるThe Pierre Chocolaterie(ピエール・ショコラティエ

 

 

有名な老舗チョコレートカフェです。

 

 

クラシック(?)なインテリアも女心をくすぐります!

 

 

ザッハトルテを食べましたが、大人のお味〜

 

 

f:id:ayachin0704:20171026194441j:plain

 

 

職人の中庭もかわいいです♡

暖かい季節には、ここにテラスも出るみたいです。

 

 

f:id:ayachin0704:20171026195723j:plain

 

場所がわかりにくいんですが、みんな親切なのですぐに教えてくれます!

 

 

 

 

エストニアフィンランドよりも物価が安いため、

お土産を買うのにもオススメです!

 

 

エストニアを含むバルト三国って普段あまり馴染みがありませんが、

 行ってみるととても素敵なところでした。

 

 

おとぎ話に出て来そうなタリン旧市街に、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

 女子旅にピッタリです。